朝日駿オフィシャルブログ

久しぶりにブログを書こうと思ってアプリを開いたら下書きが保存されていて…IMG_2170





あの日の僕は一体何を語りたかったのでしょうか…。

ーーーーー

そんな話はさておきご無沙汰しております。シンガーソングライターの朝日駿です。

ギター、買いました。Gibson J-45(1960年代仕様)。
FullSizeRender

ギターを弾き始めて彼此20年。これまで恐らく20本以上はギターを買ったり売ったりしてきました。そのほとんどが5万円〜10万円位のギターだったと思います。本場であるアメリカ製のものですと20万30万が当たり前の世界ですから、僕が今まで使っていたものは所謂「安ギター」(又は中古品)。気に入らない箇所は自分で修理したり改造したりしながら使って来ました。

ギタリストなら誰もが思うように、中学生高校生の頃の僕も「いつかはGibson!いつかはMartin!」と思っていました。共に100年以上の歴史を持つアメリカの由緒正しいギターメーカーです。

これまで何度か高いギター買ったろ!と楽器店等で試奏したりしてきたのですが、「今試奏しているこの30万円のギターは、僕が持ってる5万円のギターの6倍良い音がするか?」と考えると決してそんな事は無く、そう思うとなかなか購入に踏み切れませんでした。

ある日ふと思いました。

「俺、このままGibsonもMartinも弾かないまま死ぬ」

そう思うとなんだかとても自分のギター人生が虚しいものになってしまいそうな気がして、何ヶ月も楽器店に通い何本も何本も弾き比べて、遂に出逢えた一本でした。

Gibsonを抱えて弾いて歌う。それだけでギター弾きとして、歌うたいとしての喜びに満ち溢れます。

前述の通り過去何本も安ギターを修理・改造して「値段に見合わない良い音」のギターを作り上げて来た自負のある僕ですが、この感動だけはやはり由緒正しいものを使う事でしか味わえない。…かも知れない、と思いました。

やはりこのJ-45も自分でメンテした5万円のギターの6倍良い音はしません。(最近の安ギターはクオリティほんと高いっす。素晴らしい事だと思います。)

コストパフォーマンスで言えば「Gibsonはコスパ悪い」かも知れません。では何故僕は今までコスパは高いハズの安ギター達を売ったり買ったりしてもやもやし続けていたのか?多分ですけどロマンの塊のギターに「コスパ」という概念を持ち込んで向き合っていたからです。

時に、でいいと思うんですが、時に人は「コスパ至上主義」を捨て去る事も、人生において大切なのではないか?と僕は考えます。





しばらくは泣きながらローンを払い続けるハメになりました。

ーーーーー

同じ理由で今までコスパ重視で穿いていたユニクロのジーンズを全て捨て、Levi'sのジーンズを買い大切に穿くようになりました。

高校生の頃の価値観に戻っただけなんです。高校生の頃、店先に憧れのカッコいいジーパンが売ってる→何ヶ月もバイト頑張る→お金が貯まったら買う→ダメになるまで何年も大切に穿く。っていう学生生活でした。

大人になって、コスパなどという言葉を覚えてからはバカバカしいと思っていた事。そんな苦労しなくても低価格で気軽に「消費するファッション」が出来る時代に突入し、僕もそのコスパの良さに酔っていました。

おっさんになって、ガキンチョの頃の価値観に戻っただけ。でもなんか人生にハリが出ました。金は無くなったけど。
IMG_2146
Levi's 501CT、別に高い物ではないけど着用すると丁寧なズボンだなぁという印象を受ける。

伸びるピチピチのスキニーじゃなくて100%のコットンが愛おしいお年頃になりました。

ーーーーー

追記:Gibson J-45は(1942年当時の貨幣価値)で45ドル、当時は「Martinより安い、コスパの高いギター」でした。ついでに言うとLevi'sも単なる炭鉱夫の為の破れないズボンだった訳で。こうなってくるともう自分自身何が言いたいかよく分からなくなって来ました。要は…ロマンなんだよ…。

「知る人ぞ知る」という表現がしっくりくるライブハウスが僕の生まれ育った茨城にふたつ存在していました。

ひとつは日立市LiveGarage常陸小川屋、もうひとつは水戸市90EAST。小川屋の方は2015年に惜しまれつつも閉店しましたが90EASTは現在も絶賛営業中で、地元のバンドマンや歌うたいから故遠藤ミチロウさんや竹原ピストルさん等、プロアマ問わずディープな奴等が集まるハコです。

2009年、僕は組んでいたバンドが解散して弾き語りを始めた頃にこのふたつのお店でたくさんライブをやらせてもらっていました。

このふたつのお店の特徴は何と言ってもガラの悪さ。90のマスターからは褒められた事なんて多分一度もないですし(でもたくさんライブやらせてくれました)、小川屋に至っては客も出演者もチンピラみたいな人しか来ません。演奏しても拍手なんてしてくれません。

当時の僕は歌もヘタクソギターもヘタクソ努力もしないプライドと承認欲求だけは人一倍っていうゴミみたいな存在で、どん底でただもがいているだけでした。毎回散々なライブをしてべろべろに酔っ払って帰ってヘコんでいました。

紆余曲折あって僕はスーパーアイラブユーの「ギタリスト」として活動する事になって「歌うたい」としての情熱は失われつつありました。(スーパーアイラブユーでの活動は本気でした。それは当時のライブを観てもらえれば絶対伝わる思います。)

でも2018年に真剣に考えてみたのです「歌って何だろう?」「歌うってどういう事だろう?」と。そしてどうしてももう一度歌に挑戦してみたくなりました。

バンドを脱退して歌うたいに戻った頃には小川屋はもう在りませんでした。

小川屋の常連の歌うたいと小川屋のマスターの企画で年に一度90EASTに何十組も歌うたいを集めて24時間ぶっ通しで歌い続けるイベントが開催されます。それが石の裏の虫祭り。僕もその一員に混ぜてもらって、歌ってきました。

相変わらずガラの悪いフロアの人達、PAブースでニヤニヤしている小川屋マスター小川さん、バーカウンターで腕組みして観てくれている90マスター。あの頃のゴミみたいな朝日駿はもういないハズっす、これが今の朝日駿ですって気持ちで歌いました。

何十年かかってでも「一流」になって戻ってきます。待ってて下さいって訳じゃないんですけど、勝手に一流になって戻って来ます。その時はまた観ててくれたら嬉しいです。よろしくっす。

僕は僕のやりたいようにやって周りの目なんか気にせず批判も批評も意に介さずひたすらに我が道を突き進む。

…みたいな人っていいよなぁとは思うのですが、実際やっぱり嫌われるのは怖いし出来れば好かれたいしいつだって悩んだり迷ったりしています。

ただひとつ、昔と違うのは「嫌われないように努力して結局嫌われたんならもうそれはしゃーねーだろう」という風に思えるようになった事…というかそう思うようにしています。

そう思うようにしててもやっぱり悲しいし苛立つし情けない…修行が足りん!

ーーーーー

僕は自分を偽らない人が好きです。だから僕は自分を偽らない人でありたいし、なりたいです。他人は騙せたり騙せなかったりしますが、自分自身は絶対に騙せませんから、結局苦しい思いをします。

なんかもう、そういうのに疲れてしまった。疲れたと言うか、無駄だと気付いたのです。

そんで、自分を偽らない朝日駿が嫌われるのなら、もうそれは「しゃーねー」です。

ーーーーー

先駆けてSNSで発表しましたが、4/26(金)に地元のライブハウス常陸多賀PARTY×PARTYで自主企画イベントを開催します。

マーガレットズロース平井正也さんと森孝允さんのデュオThe Old&Modernsと朝日駿の2マンです。オープニング/クロージングDJにはつくばロックフェス主催の伊香賀守さんにお願いしました。

絶対に良い日になるし、するので是非遊びに来てください。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

このページのトップヘ