朝日駿オフィシャルブログ

9/23(日)友達のTHE SALAというバンドが主催する東日本大震災復興祈願フェス「PLACE」に今年も出演します。2012年から行われていて朝日駿は2013年を除く全ての年に出させてもらっています。

そして今年は8/18(土)に福島県いわき市勿来のライブハウスR3という所で西日本豪雨災害支援投げ銭ライブにお誘いいただいきました。

ーーーーー

実を言うと僕、以前はチャリティイベントに対して否定的でした。もっと詳しく言うと「(朝日駿のような)無力なミュージシャンが参加するチャリティイベント」って意味あんのー?と思っていました。

チャリティ/チャリティでないに関わらず大抵のイベントは開催するだけでお金がかかります。それでもたとえばMr.Childrenなんかがチャリティイベントを開催すれば開催にかかる費用よりも大きな収益があってそれを寄付するなり有益に使う事が出来るのです。(想像の話)

ところが例えば朝日駿がどこどこでチャリティイベントを行う→会場設営に50万円掛かる→10万円の収益が生まれる→10万円寄付する。いやいや、だったら初めから50万円募金でもすりゃいいじゃねーか!?という風に思っていました。だから費用に対して多くの収益を見込める有名なミュージシャンでもない限りチャリティイベントは無意味だ、と考えていました。

ある日ふと思ったんです。意味が有る、意味が無いというモノサシでしかものを考える事が出来ないという事≒自分自身の存在そのものを否定する事になってしまうのではないか?と。だって、朝日駿はそもそも存在自体が世界の為にも日本の為にも地域社会の為にもなっていない「無意味な存在」な訳で。当然、朝日駿の弾くギターにも歌う歌にも極論すれば意味なんて無い訳で。

ちっぽけで無意味な存在のクセに、一丁前に意味があるとかないとか考える事自体がダセーよなぁと思いました。赤字だとか黒字だとか言う話ならそもそもギターなんて初めっから弾いてないでその分1秒でも長い時間労働していればいいんですよ。我々ミュージシャンは「効率」とか「費用対効果」とかいうものから最も遠い位置にある存在なのです。

労働して稼いだ50万円を寄付する人、めちゃめちゃ立派です。

無給で被災地へ赴きボランティア活動をする人、めちゃめちゃ立派です。

だけど、僕のようなボンクラはギターが無いと何も出来ない(したくない)ので、必死こいて演奏して僅かな銭を稼ぎ寄付し、謎に満足感と達成感を得る。ほんとすいません。ほんとすいませんなんですけど、ミュージシャンとしてそれ以外の方法はないというか、それ以外の方法ではダメなんですよね。

「音楽以外やりたかねー」

という気持ちだけがたったひとつ朝日駿に意味を持たせてくれるような気がします。

ごめんなさい、どうか朝日駿に意味を持たせてください。

ーーーーー
(補足)
「結局、チャリティとかあんま意味ない」みたいな文章になっちゃった(ような気がする)事をものすごい勢いで反省してます。ミュージシャンは全てのムーブメントをミュージックによってのみ起こすべきである、何故ならばミュージシャンなのだから。という事が言いたかったんです。文章下手過ぎて申し訳ないっす。

若い頃は本当に生きるのが苦しかった。何故苦しいのかも分からずひたすら苦しんでいた。

中学3年生の頃、ブルーハーツみたいになりたくてギターを弾き始めた。上手くなりたくて毎日毎日練習した。がむしゃらにライブハウスに出演しまくってチケットノルマを払い続けた。いくらやってもブルーハーツみたいにはなれなかった。僕のライブに来ないヤツらが大嫌いだったし、コミュ力を駆使して客を呼んで友達みてーにフロアでヘラヘラ談笑してる対バンも大嫌いだったし、いつも出演順一番手で僕の30分間をさっさと済ませようとするライブハウスの店長も大嫌いだった。そして何より僕はブルーハーツみたいになれなかった僕自身の事が大嫌いだった。

それでも尚、パチンコ…やった事がないので分からないけどパチンコで負けたお金をパチンコで取り返してやるんだという様な感覚でギターを弾き続けていた。いつしか僕はお客さんと友達みてーにコミュニケーションを取る事を覚え、対バンと打ち上げでヘラヘラ馴れ合う事を覚え、ライブハウスの店長に媚び諂う事を覚え「立派なバンドマン」になっていた。やればやるほどブルーハーツから遠退いていく感覚に苛まれながら。

こう書くと、本当にクソみてーな気持ちで音楽を続けていたみたいになってしまうが、その中でもやはり素敵なお客さん、素敵な対バン、素敵なメンバー、素敵なライブハウスに運良く巡り会えた事もあった。調子の良い事を言うようだが、そのような人達のおかげで今もこうしてギターを弾いていられるのだと思う。

そんな生活の中である時、ある事に気付いた。笑ってしまうくらい当たり前の事だった。

「朝日駿はブルーハーツではありません」

またMr.Childrenでもありません。エレファントカシマシでもありません。

という事実をさっさと認めてしまう事。

この笑ってしまうくらい当たり前の事にだいぶ時間を使ってしまった。

僕は僕以上でも僕以下でもなく、僕は僕なのだ。

ブルーハーツみたいになるんじゃなくて、僕は僕のまま僕を極め続けていけばいいのだ。そうすれば誰の事も嫌いになる必要はないし、苛立つ必要もない。ましてや苦しむ必要もない。今までそんなモノサシにしててごめん、ブルーハーツ。ごめん、朝日駿。





という、僕が最近考えた事。(笑)

こんなアホみてーな事でアホみてーに苦しんでるのは僕だけかも知れないけど。もし、今何かを実現させたいのにうまくいかなくて苦しんでる人への、なにかのヒントになれば。


この世の中で起こり得る事象の中でも十指に入る「幸せ」と言えば、

「パンチラ」

であるという事実に異論を唱える人はいないでしょう。かく言う私、朝日駿もパンチラに出逢う為に外出していると言っても決して大袈裟ではないと思います。

ここでひとつ「パンツであれば何でもいいのか?」と言うとその答えは「NO」と言わざるを得ません。

…あっ。

この話は最終的に良い話になるので(してみせるので)「あー…また駿さんパンチラの話か…」とブラウザを閉じたりしないで下さい。よろしくお願い致します。

例えば同じパンツでも地べたにあぐらをかいて座るコギャルから見えるパンツと、春風にスカートがなびいて見える女子高生のパンツ、どちらが価値のあるパンツかを考えれば明白です。素材は同じなのにシチュエーションの差で物の価値が変動するのです。駿さんくらいになるとどちらにもある程度の敬意を表する事も可能ですが、大抵の人は前者を「みっともない」「だらしない」に対して後者を「ありがたい」「可憐だ」「おお…神よ」という風に感じる筈です。

最近駿さんは悩み事があります。シンガーソングライターとして活動していて、そのシンガーソングライターの本質とは「自作曲の良し悪し」「演奏力や歌唱力…つまり表現力」に尽きる筈です。駿さんも、曲がりなりにもシンガーソングライターとして自分の曲や歌にある程度の自信を持ってステージに立たせてもらってます。ですがそれを聴いている、観ている人に毎回100%伝えられているのか?と疑問に思う事があるのです。それは集客力だったり物販の売り上げだったりすれば、お客さんの眼で分かる時もあります。

力不足を感じ、曲の歌詞やアレンジを再考したり、単純に歌の練習ギターの練習に精を出したりする訳ですが、どうやら「それだけではいけない」という事を痛感する日がしばしばあります。

同じパンツでも、見せ方で価値が変わるなら。同じ曲でも同様に、聴かせ方で価値が変わってくるじゃないか!という、文字に起こしてみると至極真っ当、だがそれを実感するのはなかなかに難しいひとつの結論に至った訳です。

人のライブを観てて「良い曲」よりも「良い曲の雰囲気」を出すのが上手い人が確かにいるな…と感じる事があります。思わず「けっ…かっこつけやがって」と悪態をついてみたりするのですが、ああ僕にはなんとなくそれが足りない気がする、と落ち込みます。

どれだけ必死に良い曲(だと自分で思う曲)を書いても歌っても、それを「効率よく」人に伝えなきゃ意味がない…意味がないと言うか曲が可哀想だなと思いました。

残念な事に僕はもう決して若くないのだから、残りの時間で僕は何が出来るかをもっと真剣に(今までも真剣でしたが)考えなければなりません。

もう少し頑張ってみようと思うので、温かく見守ってくれたら嬉しいです。というお話でした!





…ね?パンチラから始まったとは思えない話になったでしょ?

このページのトップヘ