朝日駿オフィシャルブログ

この世の中で起こり得る事象の中でも十指に入る「幸せ」と言えば、

「パンチラ」

であるという事実に異論を唱える人はいないでしょう。かく言う私、朝日駿もパンチラに出逢う為に外出していると言っても決して大袈裟ではないと思います。

ここでひとつ「パンツであれば何でもいいのか?」と言うとその答えは「NO」と言わざるを得ません。

…あっ。

この話は最終的に良い話になるので(してみせるので)「あー…また駿さんパンチラの話か…」とブラウザを閉じたりしないで下さい。よろしくお願い致します。

例えば同じパンツでも地べたにあぐらをかいて座るコギャルから見えるパンツと、春風にスカートがなびいて見える女子高生のパンツ、どちらが価値のあるパンツかを考えれば明白です。素材は同じなのにシチュエーションの差で物の価値が変動するのです。駿さんくらいになるとどちらにもある程度の敬意を表する事も可能ですが、大抵の人は前者を「みっともない」「だらしない」に対して後者を「ありがたい」「可憐だ」「おお…神よ」という風に感じる筈です。

最近駿さんは悩み事があります。シンガーソングライターとして活動していて、そのシンガーソングライターの本質とは「自作曲の良し悪し」「演奏力や歌唱力…つまり表現力」に尽きる筈です。駿さんも、曲がりなりにもシンガーソングライターとして自分の曲や歌にある程度の自信を持ってステージに立たせてもらってます。ですがそれを聴いている、観ている人に毎回100%伝えられているのか?と疑問に思う事があるのです。それは集客力だったり物販の売り上げだったりすれば、お客さんの眼で分かる時もあります。

力不足を感じ、曲の歌詞やアレンジを再考したり、単純に歌の練習ギターの練習に精を出したりする訳ですが、どうやら「それだけではいけない」という事を痛感する日がしばしばあります。

同じパンツでも、見せ方で価値が変わるなら。同じ曲でも同様に、聴かせ方で価値が変わってくるじゃないか!という、文字に起こしてみると至極真っ当、だがそれを実感するのはなかなかに難しいひとつの結論に至った訳です。

人のライブを観てて「良い曲」よりも「良い曲の雰囲気」を出すのが上手い人が確かにいるな…と感じる事があります。思わず「けっ…かっこつけやがって」と悪態をついてみたりするのですが、ああ僕にはなんとなくそれが足りない気がする、と落ち込みます。

どれだけ必死に良い曲(だと自分で思う曲)を書いても歌っても、それを「効率よく」人に伝えなきゃ意味がない…意味がないと言うか曲が可哀想だなと思いました。

残念な事に僕はもう決して若くないのだから、残りの時間で僕は何が出来るかをもっと真剣に(今までも真剣でしたが)考えなければなりません。

もう少し頑張ってみようと思うので、温かく見守ってくれたら嬉しいです。というお話でした!





…ね?パンチラから始まったとは思えない話になったでしょ?

前回の記事で

「あの時ああすればよかった…という後悔は意味が無い!だからするな!なるべく!」

という主旨の文章を書きました。(女子だらけの俺の高校生活、一体ど〜なっちゃうの!?というクソみたいな妄想話に大分尺を使いましたが)

が、その後色々考えて「…まぁそんな簡単な話でもないよなぁ」とも思いました。例えば自分の不注意で交通事故を起こして相手に怪我や最悪の場合死なせてしまったり…とか、そういう時。もちろん、後悔したところで起きてしまった事実は変わる事は無い、とは言ってもですよ、だからといって後悔はせず未来を…!などという能天気な事はとても考えられないはずです。

そんなの言われなくても分かってるよ!という感じですが何事も「時と場合による!」ですね。

ーーーーー

そんな駿さんですが、未だに「あの時ああしておけば…」と思う事があります。その事を思い出すだけで今でも死にたくなります。

何年も前にザ・50回転ズのライブを観に水戸ライトハウスに行った時の事です。ライブの中盤、Gt&Voのダニーがギターを置いて別の楽器に持ち替えました。
IMG_3690
アメリカのカントリーミュージックやブルーグラス等で使われるバンジョーという楽器です。ダニーは観客に聞きました

「これ、なんていう楽器だか知ってる!?」

その日会場には200人以上の観客が居ました。ですがそれをバンジョーと答える人は居ませんでした。(僕を含め、バンジョーを知ってる観客は何人もいたはずです)

静まり返った会場。誰かが何かを言うのを待つダニー。そんな緊張感の中で駿さんは、何故か僕が何かを言わなかければいけない気がしました。そして、何故かボケなければいけない気がしました。意を決して駿さんは、

「●●●●!!」(4文字の全然違う楽器の名前)

と叫びました。

200人以上の人間がいる空間で人生最大級にスベりました。ダニーも「なんやこいつ…」みたいな感じで駿さんから目を逸らします。

「まぁ気を取り直して曲やるか…」みたいな空気で次の曲が始まりましたが、もう駿さんはその瞬間からライブを楽しむ事が出来ず早くこの現場から立ち去りたい気持ちでいっぱいでした。

やはり今考えても「あの時あんな事言わなきゃよかった…」という気持ちは払拭できません。

「あの時スベった僕が僕で、あの時スベらなかった僕は僕じゃない!」と言うのなら僕は僕じゃなくて良いですっていうレベルで後悔しています。

因みに「●●●●!!」の4文字は墓場まで持っていくつもりです。

「あの時ああしていれば…」

おそらく誰もが一度は考えた事があるでしょう。

例えば駿さんの場合「これほぼ男子校やんけ…」という男女比率の高校へ進学してしまった為に駿さん(童貞)の憧れていた、そして今はもう死んでも手に入らないバラ色の高校生活は始まる前に終わりました。数少ない女子(オタサーの姫の草分け的存在)に男子生徒が群がり争う様はアナハタンの女王事件を彷彿させるものがありました。

駿さんはふと考えます。駿さんが進路を決める年に複数の高校で「去年まで女子高だったけど今年から共学になります」という切り替えをしました。もしもあの時その高校へ進学していれば「先輩は全員女子である」「共学になりたて故に同学年でもおそらく男女比率は女子が圧倒的に上である」という環境で

駿さん「やっべぇ…遅刻遅刻…!(ダッシュ」

そこへ自転車に乗ったクラスメイトA子「おーい!駿ー!早くしないと遅刻するぞー!二人乗りしていこー!」

駿さん「ラッキー!助かるぜA子!」

A子「じゃあ駿が漕いでね!私後ろに乗るから!」

駿さん「おいおいー!重いA子を後ろに乗せて走る位ならダッシュした方がましだぜー!?」

A子「なによ!失礼ね!」

そこへ風紀委員の先輩B美「こら!そこの二人!男女交際な禁止…というかその前に自転車の二人乗りは道路交通法違反よ!」

駿さん「先輩ー!大目に見て下さいよー!」

B美先輩「ダメよ!今すぐ自転車から降りなさい!A子も!離れなさい!」

A子「(ひょっとしてB美先輩、駿の事…)」

そこへ保健の先生C恵「もう!貴方達なにやってるの!いいから早く校門に入っちゃいなさい!3人ともセーフにしておいてあげるから!」

駿さん「やっぱりC恵先生は綺麗だし優しいなぁ…憧れのオンナの人だぜ」

A子「はぁー?C恵ちゃんと駿なんて釣り合わないわよ!バカじゃないの!?(おこ」

C美先輩「(駿くんは年上の女の人が好きなんだ…チャンスある…かも)」

的な高校生活が送れた可能性があったのではないでしょうか?すいませんおくすり飲んで寝ます。

ーーーーー

えっ…あの…ここまでちゃんと読んでいますでしょうか…?

という具合で、まぁ僕も事あるごとにそんな事を思ってしまいがちではあるのですが、実は「あの時ああしていれば…」と考えたところで、僕達の人生に大した意味はありません。「あの時ああしていた自分」はもう「自分」ではないからです。駿さんが女子だらけの高校へ行っていたら、今こうして気持ち悪い妄想を全世界に発信しようとしている駿さんは存在しない訳です。いやもうむしろそんな駿さんなんて存在しない方が世の中の為なのかも知れないんですけど…。まぁ、だからもうあの時ああした自分とああしなかった自分というのは既に全くの別人なんですね。別人の事なんてどうでもいいじゃないですか。

僕はあの時ああ「しなかった」今の僕が好きだし好きでいたいし、これを読んでいる君も今の君の事を好きでいてほしいと思っているのです。

このページのトップヘ