「あの時ああしていれば…」

おそらく誰もが一度は考えた事があるでしょう。

例えば駿さんの場合「これほぼ男子校やんけ…」という男女比率の高校へ進学してしまった為に駿さん(童貞)の憧れていた、そして今はもう死んでも手に入らないバラ色の高校生活は始まる前に終わりました。数少ない女子(オタサーの姫の草分け的存在)に男子生徒が群がり争う様はアナハタンの女王事件を彷彿させるものがありました。

駿さんはふと考えます。駿さんが進路を決める年に複数の高校で「去年まで女子高だったけど今年から共学になります」という切り替えをしました。もしもあの時その高校へ進学していれば「先輩は全員女子である」「共学になりたて故に同学年でもおそらく男女比率は女子が圧倒的に上である」という環境で

駿さん「やっべぇ…遅刻遅刻…!(ダッシュ」

そこへ自転車に乗ったクラスメイトA子「おーい!駿ー!早くしないと遅刻するぞー!二人乗りしていこー!」

駿さん「ラッキー!助かるぜA子!」

A子「じゃあ駿が漕いでね!私後ろに乗るから!」

駿さん「おいおいー!重いA子を後ろに乗せて走る位ならダッシュした方がましだぜー!?」

A子「なによ!失礼ね!」

そこへ風紀委員の先輩B美「こら!そこの二人!男女交際な禁止…というかその前に自転車の二人乗りは道路交通法違反よ!」

駿さん「先輩ー!大目に見て下さいよー!」

B美先輩「ダメよ!今すぐ自転車から降りなさい!A子も!離れなさい!」

A子「(ひょっとしてB美先輩、駿の事…)」

そこへ保健の先生C恵「もう!貴方達なにやってるの!いいから早く校門に入っちゃいなさい!3人ともセーフにしておいてあげるから!」

駿さん「やっぱりC恵先生は綺麗だし優しいなぁ…憧れのオンナの人だぜ」

A子「はぁー?C恵ちゃんと駿なんて釣り合わないわよ!バカじゃないの!?(おこ」

C美先輩「(駿くんは年上の女の人が好きなんだ…チャンスある…かも)」

的な高校生活が送れた可能性があったのではないでしょうか?すいませんおくすり飲んで寝ます。

ーーーーー

えっ…あの…ここまでちゃんと読んでいますでしょうか…?

という具合で、まぁ僕も事あるごとにそんな事を思ってしまいがちではあるのですが、実は「あの時ああしていれば…」と考えたところで、僕達の人生に大した意味はありません。「あの時ああしていた自分」はもう「自分」ではないからです。駿さんが女子だらけの高校へ行っていたら、今こうして気持ち悪い妄想を全世界に発信しようとしている駿さんは存在しない訳です。いやもうむしろそんな駿さんなんて存在しない方が世の中の為なのかも知れないんですけど…。まぁ、だからもうあの時ああした自分とああしなかった自分というのは既に全くの別人なんですね。別人の事なんてどうでもいいじゃないですか。

僕はあの時ああ「しなかった」今の僕が好きだし好きでいたいし、これを読んでいる君も今の君の事を好きでいてほしいと思っているのです。

夢は口に出して言う事が大切です。本当にそう思います。得てして夢というものは口に出すのは恥ずかしいものです。ですが、いやだからこそ口に出すのです。大のオトナが「夢」などと言うとバカにする人もいるでしょう。でも、そんな奴らに負けてたまるかと思うのです。いや、既に勝っているのではないでしょうか。夢があるなんて、素敵な人生じゃないですか。バカにする側の人にも本当は夢があるのかも知れません。でも僕達はその夢を声高に宣言出来るのです、追う事が出来るのです。

少年も少女もおっさんもおばさんも、夢を追う全ての人にスタンディングオベーションを贈りたいです。駿さんもまた夢追い人です。かっこ悪くても惨めでも、追い続ける姿をみんなに見せたいと思っています。

ここ最近駿さんは「パンツ見たい」という想いがこの胸に溢れています。きっと今は自由に空も飛べるはず。

パンツ見たいと言い続けていればもしかしたらいつの日か「かわいそうだから私のパンツ見ます?」という女の子のひとりやふたり現れるのではないでしょうか。

すいません今の話は全部忘れてください。

ーーーーー

バンドを辞めてから駿さん、がむしゃらに弾き語りをしています。3/3(脱退した日)から今日までで6本。色んな場所で歌わせて頂きました。

「歌い方変わったよね」とよく言われます。多分、良い意味で言ってもらえてると思います。

芯の部分はそれこそ初めてギターを弾いた14歳の頃から大して変わっていないと思うのですが、確かに色んな歌い方色んな弾き方というものを最近あれこれ考え、実践しています。イメージとしては回転する円、その円周を広げていく感じです。円の中心はあの日のまま。みたいな。もっと大きくダイナミックに回りたいです。

頑張ります、ライブ観に来て下さい。

直近のライブの告知をさせて下さい。

4/27(金)@水戸LIGHTHOUSE

『華金独演会 vol.4』
18:00/18:30
前売¥1,500 ※別途D代¥500

たんげまこと / 浪野光平 / 大谷修登 / 朝日駿 / (ねまにか)

チケットの取り置きや、当日のお問い合わせ等お気軽にどうぞ。

「朝日駿(あさひしゅん)」という自分の名前が好きです。なんというか、語呂も良いし、覚えやすいし、なんとなくポジティブな雰囲気の名前のように思えます。今までの人生で色々な場面において名前に助けられた事なんかが多分、きっと、まぁちょっとはあったと思います。

小学校と中学校あわせて9年間常に出席番号は1番でした。出欠の時必ず初めに呼ばれるので今思えば楽でした。因みに高校生の頃は「青野」「阿江」「秋山」という強豪ぞろいの学科だった為「くそ…出席番号4番にまで落ちぶれてしまった」と悔しく思ったものです。まぁ本当に落ちぶれたのは学業の方ですが。

なんでこんな話をし始めたかというと駿さんついに(?)自身の公式サイトを立ち上げたからなのです。ドメインも取得しまして、ドメイン名は、


そのまんま朝日駿ドットコムなのです。自分の名前のドメインが取得出来た事が嬉しくて、自分の名前についてちょっと書いてみました。

僕達、歌うたいのような所謂表現活動をしている人間にとって「覚えやすい名前」って、とても有利だと思います。(お父さんお母さんありがとうございます。)

と、同時に犯罪等の悪い事をした時とか、悪評なんかも一発で覚えられてしまうという事でもあります。なので駿さんは人一倍清く正しく生きていかなければならないと思っています。前回の記事で「女の子のパンツが見たい」と宣っていた人間が果たして清いのか?正しいのか?という自問自答をしつつ、です。

ーーーーー

最近色んなところで色んな人に「◯◯でライブやってるんだってね!」「ラジオ(ローカルな)出てたよね!」「テレビ(もちろんローカルな)映ってたよ!」「Twitterアカウント発見したよ!」と声を掛けられて、やはり名前にインパクトがある方だからかな?とか思ったりしてラッキー!と思うのですが、多分どの媒体でもほぼ必ず「女の子のパンツが見たい」的な話で盛り上がったり(おや、ダブルミーニングでしょうか?)しているので、そういう話を聞かれたかと思うと、なんとも言えない気持ちなります。

【今日のまとめ】
①公式サイト作ったよ!
③覚えやすいよ!
④アクセスしてね!
⑤女の子のパンツ見たい!

という事です。どうぞよろしくお願いします。

ーーーーー

出席番号で思い出したのですが、小学校1年生から6年生まで同じクラスで同じく6年連続で出席番号1番(男女別)の安濃田(あのだ)キョウコちゃんという女の子の事を思い出していました。その子も名前にインパクトがあるなぁ、そう言えば元気かな?と。

先述した通り6年間同じクラスだったので、クラスメイトの中でも仲良しだった記憶があります。小学校を卒業して数年後、プチ同窓会のような会に行ったらキョウコちゃんも来てたのですが、何せ十代の多感な時期。なんとなくうまくお話しできませんでした。今になって思うのは、何故あの時昔と同じようにキョウコちゃんに接する事が出来なかったのだろう?という事です。あの時を境にキョウコちゃんと僕は他人になってしまったような、そんな気がしてしまいました。…あっキョウコちゃんに片想いしてたとかそういう話じゃないです。

なんというか、この歳になると昔の友達の誰かが知らない間に亡くなってたりしてても全然不思議じゃないんですよね。したら、ギクシャクしたままだったら一生ギクシャクしたままだし、仲直りも一生できないし、何十年ぶりに会ったけど俺たちやっぱ友達だったな!とかいう話とか一生出来ないワケで。それってめちゃくちゃ悔しいし悲しいじゃないですか。

出席番号の話をしたら、キョウコちゃんの事を思い出しました。

朝日駿として歌うたいをやってれば、キョウコちゃんにもいつか伝わるかも知んない。また歌う意味がひとつ増えたかも。意味なんてなくても良いんだろうけど、たくさん意味があったってもちろん良いよな。

↑このページのトップヘ