2014年09月

2014-09-23-23-00-03

久しぶりに、小説を読みました。田山花袋の少女病という小説です。

いい歳したおっさんが、通勤途中に見かける可愛い女の子達に妄想を膨らませて悶々として「うわああああ!!」ってなって、なんだかんだで悲劇的な結末を迎えるお話。





・・・え?

いや、僕の事ではなくて、小説の中のお話ですよ?

僕もまぁ、恋人が居る・居ないに関わらず、街行く可愛い女の子を見かけては、その溌剌(はつらつ)とした美にうっとりすると同時に、何故か、どうしようもないある種の絶望感の様な感情を抱く事が多々あります。よく、バンドメンバーの片貝と「可愛い子見るとなんか辛くなる。」なんて話をします。

この小説の中で、主人公(37歳)は自身の老いと目前の少女を対比させながら、追憶に耽ってみたり、現実から目を逸らせてみたり。なるほど、大人になればなる程、逆に辛いのかもしれません。

面白い事に、この小説が書かれたのは何と1907年、100年以上昔に書かれたものなのです。今も昔も(一部の)男子が抱えるリビドーは、一緒なんだなぁ。

少女病(≠ロリコン)を患う全ての男子に読んで欲しい一冊だと思いました。

ーーーーー

この少女病でも、夏目漱石の小説でもよく使われている(というか、この時代は皆使ってたのかな?)

「好い(いい)」

という表現が好きです。

「良い」はどちらかというとgoodのニュアンスで「好い」はlikeの成分が多く含まれていると、勝手に思っています。まぁ、あんまり違いはないのかも知れませんが、僕は「好い」という表現に独特の雰囲気を感じながら読んでいます。

解りやすく例えると、

誰が見ても美人だと言う、ギリシャ彫刻の様な美人さんは「良い」

なんかちょっとブスなんだけど、なんか、なんか、すっげーグッとくるんですけど!!みたいな女の子は「好い」

そんな感じで使い分けています。

「aikoってなんか好いよね。」みたいな。

2014-09-24-13-06-35

9/12(金)は11月に開催されるMMM Vol.3の顔合わせと説明会を兼ねての会合に出席してきました。

あくまで説明会なので、まぁ、はじめの一杯だけ・・・というつもりが、気付いたら何杯飲んだか覚えていないほどベロンベロンになってしまいました。何杯飲んだかは覚えていないけど、下ネタに始まり下ネタに終わる会合だった事は覚えています。そんな会合になってしまったのは、きっとスパラビュの仕業です。

「朝日さんって、酔うと面白いって聞いたんですが。」と言われました。

酔っていない時もちゃんと面白いですよ。あと「聞いたんですが」っていう部分がなんかすごい引っかかります。

MMM Vol.3は11/2(日)に開催です。チケットはeプラスやソニック、ライトハウス店頭、もちろん僕や片貝に連絡しての購入も出来ます。してくれると、めっちゃありがたいです。よろしくお願いします。前回ソールドアウトしていますので、なるべくお早めに!

9/13(土)は日立市にあるLive Garage常陸小川屋の7周年イベントに、スーパーアイラブユーとして出演しました。7周年おめでとうございます!

共演の吉原トモヤさんという方が、まるでスポーツの後にアクエリアスを飲む時の様な勢いで日本酒をラッパ飲みしながら近付いて来て、僕の髪の匂いを嗅ぎ、

「今日ずっと、どこからか良い匂いするなぁって思ってたんだけど、君だったんだねぇ。」

って言われて、割と戦慄しました。

2014-09-13-19-39-18
その数時間後の吉原トモヤさん。

この日も僕は軽く飲みました。

9/14(日)も、なんだかんだで片貝と21時過ぎから翌朝4時頃までひたすらホッピーを摂取していました。ベロンベロン。生足について熱くディスカッション。

9/15(月)はCLUB SONIC水戸にてスーパーアイラブユーのライブでございました。対バンの皆さん、スタッフの皆さん、そして観てくれたお客さん、本当にありがとうございました。ふたりスーパーアイラブユーでのライブも残すところあとわずかになってきたので、噛み締める様な気持ちでライブに臨みました。

この日は(さすがのシュンさんも)飲みませんでした。

片貝とサンキューアイラブユーのベースの女の子の生足について熱くディスカッション。

ーーーーー

酒とかもう見たくもない!

ーーーーー

姉のように慕っている人が、しばらく会わない間に、大病を患って、今度手術する事を知りました。

僕には、祈る神はいません。

ああでも、こんな時は、こんな僕も、気が付いたら手を合わせていました。どうか手術が無事成功しますように、と、祈らずにはいられません。

健闘を祈ります。

楽器を弾く人で、自分の持っている楽器の調整の仕方が分からない、又は調整が不十分な人を、結構見かけます。

楽器は、正しくセットアップしてこそ、本来の性能・プレイアビリティを発揮します。

自動車で例えるなら、シートの位置も、ハンドルやミラーの角度も調整しないまま運転するようなものです。これでは快適なドライブなど出来ません。

また、調整箇所が音や演奏にどのような影響を与えるのか?どういう役割があるのか?という事を理解しなくてはなりません。

これも自動車に例えると、同じミラーでもドアミラーの役割、ルームミラーの役割の違いをしっかり理解する事が重要です。一般に、ドアミラーよりルームミラーの方が拡大された像で後方が映ります。自転車に乗ったミニスカートの女性(女子高生含む)のパンチラを確認する場合、位置の関係でついドアミラーで確認しがちですが、ルームミラーの角度を素早く調整する事により、よりダイナミックで鮮明なパンチラが確認できる場合があります。状況によって臨機応変に対応してみましょう。そして大切な事は、そんな時も常に前方確認を怠らない事です。思わぬ事故に繋がる危険があるのは言わずもがな、もしかしたら前方に自転車に乗ったミニスカートの女性(女子高生含む)が通行している可能性もあります。ミラーでの確認に気を取られて、前方のパンチラを見逃すなど、当に「木を見て森を見ず」です。常に全体を見渡せる心の余裕を持って運転しましょう。

2014-09-05-12-42-18






シュンさん、疲れてるのかなぁ。

ーーーーー

さて、スーパーアイラブユーのライブ情報はこちらにて随時更新しておりますので、よろしくお願いします。

そして朝日駿ソロの方もライブがあります。

結構長い付き合いの友達THE SALAの中村君が、地元日立市で目ん玉飛び出る位でっかいイベントを企画しました。そのでっかいイベントに僕を誘ってくれました。めちゃくちゃ頑張ります。

詳細はコチラ↓
THE SALA PRESENTS 東日本大震災復興祈願野外フェス Place 2014

なんと入場無料!是非とも遊びに来て下さい、ね!

ーーーーー

僕は思想は歌わない。
生活を歌いたいのだ。

朝、短いスカートを穿いて惜しげも無く生足を晒し、艶やかなセミロングの髪を靡かせながら登校する女子高生を見ました。

あんな女子がクラスに居たら、年頃の男子達(無論、その殆どは童貞である)は、とてもじゃないが学生の本分である勉学に集中出来なくなってしまうのではないか?

と、若者の学力低下、延いては日本の行く末を案じております。

日本の行く末よりも先ずは自分の行く末を案じた方がいいのかな?といった感も否めませんが、僕は今日も元気です。

片貝は男子校出身で、僕の出身校(茨城高専)も、共学とは言え男女比率8:2という、ほぼ男子校の様な環境だった為、そのような煩悩に惑わされず健全な学生生活を送っていたと思います。

まぁ・・・その代償にロックンロールという悪魔に取り憑かれてしまいましたが、ね。(ドヤ顔)

しかし入学した頃は、あまりの女子の少なさにそして女子のクオリティの低さに愕然としたものです。判断を誤った、リア充の未来は閉ざされた、と、毎晩枕を濡らす日々でした。

大人になってからも、共学に行っていたら少しは華やかな学生生活を送れていたのかな?と、たまに思う事もありました。

ある日、片貝は僕に言いました。

「共学行って結局ぼっちだったら、シュンさんきっと死んでましたよ?」

どうやらシュンさん、今日もこうして元気にブログを書けているのも、(ほぼ)男子校に通っていたお陰だったようです。神様ありがとう。

バンドマンちょっと良い話。

ーーーーー

その前に「女子が同じ空間に居ると、スカしてしまう症候群」を患っているシュンさんに、共学なんて土台無理な話なのかも知れません。毎日毎日、教室でスカし続けて、身も心も休まる隙がありません。そのうち過労で死んでしまうと思いす。

死因:スカ死。

ーーーーー

「レコーディングしているという話はよく聞くけど、CD出てなくない?」

で、すっかりお馴染みのスーパーアイラブユーですが、またまた少しづつレコーディングしております。

(出来に満足いかなかったり、メンバーが抜けたりで、世に出せなかったお蔵入りの音源はたくさんあるのです。)

全行程をふたりだけで行っているので、なかなかハイペースに、という訳にはいきませんが、早く皆に聴いてもらいたいです。

2014-09-02-23-16-16
やっぱりギターを弾いてる時の僕が、一番サマになってますね。(自分で言っちゃう)

2014-09-02-22-36-35
片貝君も気合い入ってます。

レコーディングというは、ライブとはまた違う、とてもエキサイティングな作業です。楽しい。毎日こうしていられたら、どれだけ幸せだろう。

9月ですね。

毎年9月になると思い出す単語「すみれ September Love」
改めて考えてみると、なかなか意味不明なタイトルですね。

ーーーーー

8/30(土)は埼玉県志木市にある「PUB HOLE」というライブバーにてスーパーアイラブユーのライブでした。

ジュリーフジヲ企画、フジヲロックフェスティバルに出演させて頂きました。

HOLEは初めてのハコだったのですが、扉を開けて、真っ先に目に飛び込んできたのがTEISCO製のPAスピーカー。

2014-08-30-17-09-58

TEISCOとは日本にかつて存在していた楽器メーカーで、60年代の日本のロックミュージシャン達に愛されたギターやアンプを数多く作った(んじゃないかなぁって僕が薄ぼんやりと考えている)会社です。

他にもこの日、片貝が使用したELK製のギターアンプ等、ざっくり言うと楽器好きなら思わずニヤッとしちゃうイカした機材が置いてあるハコでした。因みに、ELKとは日本にかつて存在していた(以下同文)

機材だけでなく、お店自体も最高でした。なにせ、狭っ苦しいフロアの半分がステージで、観ているお客さんとはぶつかるかぶつからないか位の距離で、置いてあるビールの種類が豊富で、PAオペレーター兼マスターはテキトーかつ適当で、ヘヴィメタ好きのブルハ好き。もう、近くにあったら絶対毎日通いたい、って感じのハコでした。

そして、この日共演した対バンもみんなカッコ良くて、(自分で言うのも何ですが)僕達もカッコ良いライブをして、住宅街の中にひっそりと存在する狭い地下室がロッケンローの熱気でムンムンでごさいました!またライブしたり、お酒を飲んだり、飲酒したり、一杯引っ掛けたりしに行きたいです!

ジュリーフジヲ、対バンの皆さん、来てくれたお客さん(ほんといつもありがとう!)、HOLEのマスター、ありがとうございました!

2014-09-02-12-51-48
終演後の集合写真。はしゃぎ過ぎているシュンさん。

ーーーーー

ウサギは、亀を侮って、居眠りしていたばかりに追い抜かされて負けてしまいましたが、起きるのがもうちょっと早ければなんとか挽回出来たかも知れません。

長い人生ですから、サボりたくなる時もあります。全てが嫌になって投げ出してしまいたくもなります。このままずっと布団の中でぬくぬくとダラけていたい時もあります。

でも、いつか起きて、走りださなきゃならないのだと思います。(正確に言うと、別にいつまで寝てても構わないんですけどね。本人がそれでよけりゃ。)

そして亀は、自分がノロマなのを自覚しているのなら、ただ馬鹿正直に走り続けてるだけじゃなくて、ズルかろうがなんだろうが、勝つ為の策を練るべきだと思います。ウサギが寝てたから偶々勝った、じゃあダメだと思います。まぁ、どういう作戦を練るか、は人(亀)それぞれでしょうけどね。能力で勝る相手を負かすには相当な工夫をしなくてはいけません。前の晩に落し穴を掘っておく、とか?(笑)

ウサギだって亀だって、アイデアと勇気次第で、もしかしたらアキレスにだって勝てるかも知れません、よ。

↑このページのトップヘ