書こう書こうと思いつつも気付けば2ヶ月以上ブログの更新をサボタージュしてしまっていました。暫く書かないでいるうちに、何を書いたらいいか分からなくなってしまいました。「夏休みが終わって登校してみたら、クラスメイトがなんだか自分に余所余所しい…気がする」的な感情に近いものがあります。





えっ…みんな駿さんの事忘れてないよね…?

今すぐ思い出して!

ーーーーー

夏休みが終わって登校してみたら…で真っ先に頭を過(よぎ)る事、

「清楚っぽかったはずのあの娘が茶髪に…夏休みの間に何かあったに違いない…」

という、中学生・高校生男子の誰しもが一度は経験した事のある絶望です。

「絶望」というものは「希望」があってはじめて成り立つものです。要するにその娘が夏休みに何を経験(意味深)したかなんて事は、元々ノーチャンだった駿さんには本来全く関係の無い事象なのです。それなのに茶髪を靡かせ垢抜けた笑顔でクラスメイト(サッカー部の男子等)と談笑するその娘の横顔を教室の隅からぼんやりと眺めてメランコリックな気持ちになっては「夢とか希望って抽象的なのに絶望だけは具体的だよな人生って切ないな早くお家に帰ってドラクエのレベル上げしたいな…」などと思うのです。

それでも中学生の頃はセックスのセの時も知らない無垢な少年だったので、実際に「夏休みの間にクラスの女子に何かあった」としても、その微妙な変化に気付くだけの思慮がなかっただけ幸せだったのだと思います。実態はおそらく、僕のクラスの女子達も昨今の若者の性の乱れを鑑みれば言わずもがな…といった感じだったのでしょう。つらい。

…いや、待てよ?上記に書いた事は全部駿さんの憶測に過ぎません。アジカン風に言えば憶測、妄想その類です。砕けた幻です。

本当に10代女子達は夏休みの間にやたらセックスする生き物なのか?ここはひとつ女子達に詳しく統計を取る必要があるのではないか?と思ったのですが、こんな事を聞いて回るのはセクシャルハラスメント以外の何物でもないですし、真実を知った所でまた絶望感に苛まれるだけでしょう。

統計をネットで検索してみると初体験の年齢は男女共に20歳が最も多く、次いで18歳という結果のようです。駿さんの想像とは大分違っていました。

よかった。(なにが?)

どうやら駿さんの考え過ぎだったみたいです。

因みに僕が生まれ育った茨城県は初体験の年齢は平均21.1歳、47都道府県で最も遅いらしいです。

よかった…本当によかった。(なにが?)

勝手にビッチ扱いしてごめんよ…クラスの女子達…。

まぁ、統計結果が正しければ、の話だけどね。(疑い深い)





今日書いたブログをアップロード前に読み返してみたのですが、





駿さん、なにかしらの心の病気なのかなって。

ーーーーー

5/8(日)は水戸参丁目劇場にて朝日駿弾き語りです。スパラビュとは違った、僕が作った歌を歌ってます。よかったら是非観に来てほしいです。席に限りがありますので、予約していただけるとありがたいっす。(asahishun@gmail.comまで、またはTwitter等で)
image

そしてスーパーアイラブユーは5/9(月)下北沢Que、5/20(金)水戸ライトハウスでスパラビュ企画、5/29(日)ひたちなか市横道屋で朝日駿弾き語りです。こちらも是非よろしくお願い致します。
image