若い頃は本当に生きるのが苦しかった。何故苦しいのかも分からずひたすら苦しんでいた。

中学3年生の頃、ブルーハーツみたいになりたくてギターを弾き始めた。上手くなりたくて毎日毎日練習した。がむしゃらにライブハウスに出演しまくってチケットノルマを払い続けた。いくらやってもブルーハーツみたいにはなれなかった。僕のライブに来ないヤツらが大嫌いだったし、コミュ力を駆使して客を呼んで友達みてーにフロアでヘラヘラ談笑してる対バンも大嫌いだったし、いつも出演順一番手で僕の30分間をさっさと済ませようとするライブハウスの店長も大嫌いだった。そして何より僕はブルーハーツみたいになれなかった僕自身の事が大嫌いだった。

それでも尚、パチンコ…やった事がないので分からないけどパチンコで負けたお金をパチンコで取り返してやるんだという様な感覚でギターを弾き続けていた。いつしか僕はお客さんと友達みてーにコミュニケーションを取る事を覚え、対バンと打ち上げでヘラヘラ馴れ合う事を覚え、ライブハウスの店長に媚び諂う事を覚え「立派なバンドマン」になっていた。やればやるほどブルーハーツから遠退いていく感覚に苛まれながら。

こう書くと、本当にクソみてーな気持ちで音楽を続けていたみたいになってしまうが、その中でもやはり素敵なお客さん、素敵な対バン、素敵なメンバー、素敵なライブハウスに運良く巡り会えた事もあった。調子の良い事を言うようだが、そのような人達のおかげで今もこうしてギターを弾いていられるのだと思う。

そんな生活の中である時、ある事に気付いた。笑ってしまうくらい当たり前の事だった。

「朝日駿はブルーハーツではありません」

またMr.Childrenでもありません。エレファントカシマシでもありません。

という事実をさっさと認めてしまう事。

この笑ってしまうくらい当たり前の事にだいぶ時間を使ってしまった。

僕は僕以上でも僕以下でもなく、僕は僕なのだ。

ブルーハーツみたいになるんじゃなくて、僕は僕のまま僕を極め続けていけばいいのだ。そうすれば誰の事も嫌いになる必要はないし、苛立つ必要もない。ましてや苦しむ必要もない。今までそんなモノサシにしててごめん、ブルーハーツ。ごめん、朝日駿。





という、僕が最近考えた事。(笑)

こんなアホみてーな事でアホみてーに苦しんでるのは僕だけかも知れないけど。もし、今何かを実現させたいのにうまくいかなくて苦しんでる人への、なにかのヒントになれば。