駿さんって割と潔癖症なんですよね。

公衆トイレ等では除菌スプレーで拭き掃除してからでないと便座に座れませんし蛇口もなるべく触りたくないですしジェットタオルも雑菌が飛んで来そうで使いません。電車では吊り革につかまらないように心掛けますしシートにも座りません。食器も食後に最低2回は洗いますし何なら盛り付ける時もう1回洗ったりします。こんな調子ですから、当然他人が握ったおにぎりは食べられません。

でもでもでも!不思議な事に女子高生が握ったおにぎりなら食べられるじゃないですか。食べられるというか積極的に食べていきたいじゃないですか

重度の潔癖症である駿さんが女子高生の握ったおにぎりなら食べられるという事実…それは駿さんが変態なのではなく女子高生が綺麗なんだと思うんですよね駿さんが変態なのではなく。

駿さんが変態なのではなく。

よく考えてみてください。トイレの便座は絶対菌とかヤバそうじゃないですか。便座舐めろって言われたら絶対イヤじゃないですか。対して女子高生はつむじから足の指先までぺろぺろしてもいいとさえ思えるじゃないですか。思えるじゃないですか。

女子高生=無菌

流石の駿さんでもそんな事はあり得ないと、分かっているのですよ。しかし、便座。便座は実はスマホの画面よりよっぽどばい菌が少ないらしいです。便座は舐められません。

ここで重要になってくるのは。

実際のばい菌≠我々のイメージの中のばい菌

で、あり、

我々が怯えているのは実は実際のばい菌より、イメージの中のばい菌なのです。

人間はイメージの奴隷なのです。

人とは得てして見えないものに囚われてしまうものなのですよ。

…愛とかな。

すいません今の無しで。





女子高生の乗る自転車のサドルになるイメージ(想像)をしながら寝るとします。

女子高生女子高生って言うけど、安い給料で上司からのセクハラ紛いの言動やお局からの嫌がらせに辟易しつつでも特にやりたい事もないしとか思いながらアパートでひとりコンビニ弁当のおかずをアテに発泡酒を啜るOLさんが握ったおにぎりも余裕で食えるというか積極的に食いたいです。

洗濯もしてあげたい。

すいませんもう寝ます。